【校名変更・移転のお知らせ】
「富岡養護学校」から「富岡支援学校」へ校名が変わりました。
中・高等部は、
四倉校舎(県立四倉高校内)
に移転しました。(H29年4月)

※小学部は現在の校舎(いわき市平馬目)から変更はありません。
 

カウンタ

COUNTER99758
since September 2015

~Contact Information~
福島県立富岡支援学校

【小学部:本校舎 ※仮設校舎】

〒970-0116 

福島県いわき市平馬目字馬目崎61

(Manomezaki61, Taira Manome, 

Iwaki-shi, Fukushima, Japan)

TEL0246-34-7050

FAX0246-34-7052

【中学部・高等部:四倉校舎】

〒979-0201 

福島県いわき市四倉町五丁目4

(Gochome4,Yotsukuramachi,

Iwaki-shi,Fukushima,Japan)

TEL0246-32-7172

FAX0246-32-7179

【Mail】

tomioka-sh@fcs.ed.jp

 
情報管理部・情報発信ネットワーク運用委員会の活動 ~Activities~

・本校舎および四倉校舎の校内ネットワークの整備・運用・管理

・公式ホームページおよび公式Facebookを活用した情報発信

・教職員のICT活用指導能力の向上(情報教育研修会)


 
 
取り組み ~情報教育研修会 Workshop on ICT~

<本校の職員会議 ~googleハングアウトの活用~>(H29年5月30日)


本校は、4月から本校舎(平馬目:小学部)と四倉校舎(四倉高校内:中・高等部)の2拠点に分かれて教育活動に取り組んでいます。

そのため、昨年度までは、一つの職員室で職員会議などの会議や打ち合わせ等を行っていましたが、今年度からは、全職員が顔を合わせての会議を行うことが難しくなりました。

そこで、本校では、「googleハングアウト」を活用し、テレビ会議形式での会議を行っています。

モニターに向かって話すことに、最初は戸惑いを感じることもありましたが、校舎が離れていても、職員間の共通理解を図りながら、これからも子供たちの成長、将来の自立に向けて、様々な体験的な学習や活動に取り組んでいきたいと思います。


<特別支援教育におけるタブレット機器の活用>
(H28年8月19日)


 「特別支援教育におけるタブレット機器の活用 ~特別支援教育に役立つiPadの機能やアプリの紹介~」と題して情報教育研修会を行いました。
 文部科学省「教育の情報化に関する手引」において、特別支援教育における ICT 活用について、障害による物理的な操作上の困難や障壁(バリア)を機器を工夫することによって支援する「アシスティブ・テクノロジー(AT:Assistive Technology)」の観点から、障がいを有する児童生徒に対するICT教材・教具の重要性について触れられています。タブレット端末などの情報機器は、双方向的なかかわりがしやすく(インタラクティブ性)、視覚的、聴覚的にも多様な表現ができるため、児童生徒が関心をもちやすく、ICT機器の活用を工夫することで子供達の学習活動にとって有効な教材・教具になります。
 本校には、iPadやAndroidタブレット端末のほか、大型電子黒板が配備されています。本校の
教職員もこれらのICT機器を活用し、子供達の学習や支援に役立てることができるよう、特別支援教育に有効な様々なアプリやiPadの支援機能(アクセシブビリティ)について学ぶ機会となりました。



<特別支援教育におけるタブレット機器の活用>(H28年1月7日) 


「特別支援教育におけるタブレット機器の活用 ~特別支援教育に役立つアプリの紹介~」と題して情報教育研修会を行いました。

第2回となる今回は、本校の各学部においてのタブレット端末やICT機器を活用した授業、学習活動の事例紹介を行いました。
教科学習での活用のほか、自立活動や生活単元学習、作業学習などでの活用事例について知ることができました。
また、実際に様々なアプリに触れたり、こんな場面で活用できないか、こんなことができないかといった質問等に対して、本校情報担当者がそれらに答えたり、活用方法について話し合うなど、ICT機器の活用について、教職員が考える機会となりました。
 
情報管理部・情報発信ネットワーク運用委員会より

本校ホームページおよび本校公式Facebookで公開している全ての画像の著作権は、原則として福島県立富岡支援学校に帰属します。公開している画像の無断使用・複製・転載・販売・改変・印刷配布については固く禁止します。

 

<ネットワーク利用に関する校内規定>

         情報管理部の取り組みを公式Facebookにて随時公開しています。